JAVISからのお知らせ

[2022-05-12]
常陸大宮市上下水道部は、昨年の12月より新たな顧客サービスを開始しており、そのサービスの一つとして「検針票に音声コードUni-Voiceを貼付」して利用者のスマートフォンの専用アプリで読み取ることで日本語と英語の音声案内が流れるようになっており、それにより視覚障がい者や外国人にも正確な情報を提供できるようにしています。

音声コードUni-Voiceの導入は、同時期に開始した他のサービスである「アプリでの水道開閉栓手続き」と共に「行政手続きのデジタル化推進策」に向けた取り組みであり、茨城県内の事業体で初となるサービスとなっています。

常陸大宮市のホームページ(リンク)及び、日本水道新聞記事を掲載しておりますので、ご参考ください。


常陸大宮市ホームページ記事は、コチラから>> 
____________________Uni_Voice_____1.jpg
[2022-04-22]
誠に勝手ながら、弊協会では下記日程をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

ご不便をお掛けしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

◆ゴールデンウィーク休業期間

2022年4月29日(金)〜5月8日(日)

5月9日(月)より平常通りの営業となります。
[2022-04-20]
日本で初めてとなる音声コード付きレトルト商品が、「長崎居留地洋食シリーズ」としてホテルニュータンダ(長崎市)より2022年4月18日から発売となりました。

持続可能な開発目標(SDGs)の「誰ひとり取り残さない」という理念に基づき、視覚障がい者や失読症、目が見えにくい高齢者に対して安全に召し上がっていただけるよう、パッケージに音声コードを貼付し、温め方を音声で聴けるようにしており、音声コード位置が判別できるようローカルルールとしてコードの周りにエンボス加工(型押し)が施されています。

音声コードの発信内容は、地元の長崎県立盲学校の全盲の先生と打ち合せを繰り返して作成されていることから、温め方の手順だけでなく、蒸気口の位置などの説明も加えられ、非常に分かりやすい説明になっています。

2022年4月18日にホテルニュータンダ内で記者発表が行われ、新聞・テレビ等で報道されましたので、それらの内容を下記の通りご紹介いたします。
是非ご参考ください。


長崎新聞記事内容は、コチラから>>

KTNテレビ長崎、コチラから>>

NIB長崎国際テレビ、コチラから>>

NCC長崎文化放送、コチラから>>
[2022-04-05]
神戸市水道局において、視覚に障がいのあるお客様を対象とした情報アクセスサービスとして、令和4年3月25日からこれまでの点字に加え新たに音声コードUni-Voice貼付文書を通知するサービスを開始されておりますのでご紹介いたします。(あくまで希望されたお客様に対するサービスとなっています)

音声コードUni-Voice貼付文書でお知らせする通知は下記の通りです。

(1)納入通知書(当初)
(2)督促納入通知書
(3)精算納入通知書
(4)口座振替のおしらせ(事前通知)
(5)再振替のおしらせ

記者発表資料は、コチラから>>

申込み案内の内容は、コチラから>>

文書通知サービス概要は、コチラから>>
[2022-02-16]
昨年の秋にマイクロソフト社より「Microsoft Office 2021」がリリースされたのに合わせ、音声コードUni-Voice作成ソフト(JAVIS APPLI)のWord 2021 アドイン版(32/64bit対応)をリリースいたしましたのでお知らせいたします。

今回の最新版は、パッケージ版「Microsoft Office 2021」だけでなく、Microsoft 365(Office 365)も対応が可能ですので、デフォルト設定(自動的に最新バージョンへアップデート)の場合は「Word 2021 アドイン版(32/64bit対応)」をお申し込みください。

尚、これまで幾度か「JAVISからのお知らせ」にてご案内しておりますが、Microsoft Office 2016 以降はデスクトップ版(従来型)だけでなく、ストアアプリ版もリリースされており(Officeのプリインストール版PCの場合はその可能性が高いです)、JAVIS APPLIはMicrosoft Office デスクトップ版を前提にした開発仕様ですので、ストアアプリ版の場合はデスクトップ版に再インストールしていただく必要があります。
[2021-12-16]
年末年始休業についてご案内申し上げます。

2021年12月28日(火)午後 〜 2022年1月10日(月)が年末年始休業期間となります。

※尚、製品(JAVIS APPLI)の出荷対応は、2021年12月27日(月)までとなりますのでご了承ください。


休業期間はご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。
[2021-10-06]
音声コードUni-Voice作成ソフト(JAVIS APPLI)の導入実績一覧については既に協会ホームページにてご紹介しておりますが、2021年9月末実績より新たに「国・公益法人(団体)等」のカテゴリを増やし、全部で下記の通り3種のカテゴリ項目でご紹介させていただいております。

・JAVIS APPLI導入済み自治体
・JAVIS APPLI導入済み国・公益法人(団体)等
・JAVIS APPLIライセンス購入済み法人

導入実績一覧の場所は、トップページの上記にある「JAVIS APPLIお申込み」をクリックしますと次画面の左側に「▶導入実績一覧」があり、それをクリックしますと3種のカテゴリ項目が表示されており、リンクが貼られておりますのでご参考下さい。


[2021-09-15]
音声コードUni-Voiceの導入事例(印刷物)については、Uni-Voice事業企画(株)のホームページにて「Uni-Voice採用事例」の中で6つのカテゴリーに分けて紹介させていただいております。
自治体及び一部の公益法人(団体)等に対する音声コードUni-Voice作成ソフト(JAVIS APPLI)のライセンス無償貸与の条件としてご提供いただいた印刷物サンプル画像もご紹介しておりますので、下記リンクから是非ご参考ください。

「Uni-Voice採用事例」はコチラから>>
[2021-07-21]
名古屋市上下水道局は令和3年8月から「水道ご使用量のお知らせ」へ音声コードUni-Voiceを印刷するサービスを開始します。
水道ご使用量やご請求金額等を日本語および英語の音声でお知らせすることにより、視覚障害のあるお客さまや外国人のお客さまにも分かりやすくお伝えすることができます。

水道産業新聞の記事紹介と共に、名古屋市上下水道局のご案内記事サイトのリンクを下記に張りましたのでご参考ください。

ご案内記事はこちらから>>

0624______________________________________1_1.jpg
[2021-07-21]
音声コードUni-Voice作成ソフト(JAVIS APPLI)の使用にあたっては様々な条件や重要な禁止事項等があり、ソフトCDのフォルダにREADMEファイルとして付属しております。
しかし、それらの内容はソフトの購入前から知っていただくことが重要と判断し、「JAVISからのお知らせ」にてREDMEの中の使用許諾条件書の内容をご案内させていただきますのでご確認いただけますようお願い申し上げます。

<使用許諾条件書>
第1条 使用許諾等 当協会は、お客様が本契約を許諾し遵守されることを条件として、本製品のソフトウェア(以下「本ソフトウェア」)を使用する権利をお客様に許諾いたします。
また本製品に付属する本ソフトウェアに関するマニュアル等(以下「本マニュアル」)については、お客様が本契約を受諾し遵守されることを条件としてお客様に譲渡いたします。
当協会は本ソフトウェア及び本マニュアルなどに関する著作権そのたの知的所有権をお客様に譲渡するものではありません。
第2条 使用条件
1.当協会は、本製品1ライセンスにつきユーザー1名のパソコン1台に限り本ソフトウェアのインストール及び使用許諾いたします。
但し、ユーザー1名で、かつ複数のパソコンによる同時使用を行わない場合には複数台のパソコンでの本ソフトウェアのインストールおよび使用を許諾致します。
2.本ソフトウェアの多言語における文字コードは日本語のみとなります。
第3条 禁止事項
お客様が、以下の各行為を行うことは禁止いたします。
1. 前条に違反する本ソフトウェアの複製使用
2. 本ソフトウェアの改変・結合・リバースエンジニアリング・解析等
3. 本製品の譲渡。貸与・再利用許諾その他の処分。但し当協会の承認するものを除く。
4. オークション等で本製品またはその複製物の販売譲渡、その他の行為
5. 個人利用を超えた範囲での無断複製、及び無断使用
6. データベースと連結した情報処理エンコード又はこれを目的とした処理のための使用。
7. 日本語以外の文字コードを利用してエンコードを実施する行為。
第4条 有効期間
1. 本契約の効力は、お客様が本製品を受領した日に発生するものとします。
2. お客様が、本契約のいずれかの条項に反した場合、当協会は本契約を解除し、お客様の使用権を終了させることができます。
3. 本契約が終了した場合には、本製品をお客様のご負担で速やかに破棄するか、当協会に返却するものとします。(当協会の指示があればこれに従うものとします)
第5条 保証範囲
1. 本製品の選択、および使用効果については、お客様の責任とさせていただきます。当協会は本契約以外には本製品に関して一切の保証責任、または瑕疵担保責任を負わないものとします。
2. 本製品の仕様は電子マニュアルに記載されているとおりであり、お客様の特定の作業に完全に適合することを保証するものではありません。
3. 当協会は、本ソフトウェアのプログラムに誤り(バグ)があることを当協会が確認し、購入日から1年以内に当協会が当該誤り(バグ)について修正した場合には、お客さまに対し修正したソフトウェアまたは、修正に関する情報を提供します。
但し、修正したソフトウェアまたは修正に関する情報を提供することの要否・時期等については当協会に定めさせていただきます。
修正したソフトウェアにも本契約が通用されるものとします。
4. 当協会は本製品をご購入されたお客様に限り、本製品に関するサービス・サポートを行うものとします。
5. 本製品の使用または、使用不能から生ずるいかなる他の障害に関して、当協会は一切の責任を負わないものとします。
いかなる場合においても、お客様が被った直接的、間接的侵害に対する賠償額の上限は、1製品の価格を限度とします。
第6条 損害賠償
お客様が本契約の各条項のいずれかに違反し、当協会が直接的または間接的に何らかの損害を負い、または費用を負担した場合、お客様は当協会の請求に従って損害を賠償する責任を負うものとします。
また、^稟浸藩僂砲茲蠅客様に生じた収益の金額、違反使用によって当協会又は関係会社に生じた販売機会の喪失、ライセンス料相当額のうち、いずれか大きい金額を、当協会の損害額と推定します。
第7条 その他
1. 本契約は日本法に従って解釈されるものとします。
2. 本使用許諾の条件については、放棄の訂正、または当協会に事情によって当協会が変更することがあり、お客様はそれに同意するものとします。変更については当協会のホームページ内に表示します。

2011年10月
2012年4月改定
2018年8月改定

    特定非営利活動法人 日本視覚障がい情報普及支援協会