JAVISからのお知らせ

[2018-04-17]
2018年4月9日付の北海道新聞紙面に、札幌市厚別区の「北海道開拓の村」が「インバウンド交流施設整備事業」を活用し、音声コードUni-Voiceによる多言語対応の仕組みを導入して、日本語だけでなく、英語、中国語、韓国語、ロシア語による「開拓の村」の建物の情報提供サービスを開始した内容が紹介されました。

スマホ用の「Uni-Voice」アプリをダウンロードして音声コードUni-Voiceを読み取ると、指定した言語による音声発信とテキスト表示ができますので、訪れた外国人観光客に北海道の歴史の魅力について理解を深めていただくことが可能になります。

記事の画像を貼付しましたので、是非ご参考ください。

IMG_0486_2.jpg
[2018-04-16]
2018年4月12日(木曜日)付の水道産業新聞に、柏崎市(新潟県)で4月から開始された上下水道料金の検針票に音声コードUni-Voiceを導入したサービスについて記事掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

IMG_0483_3.JPG
[2018-04-12]
2018年4月9日(月曜日)付の水道産業新聞に、敦賀市(福井県)では上下水道料金・検針システムを含む料金徴収業務を包括的に受託した事業者(ヴェオリア・ジェネッツ)の提案により、2018年4月から弱視の人や外国人向けのサービスとして、音声コードUni-Voice(二次元バーコード)を導入した旨の記事が掲載されましたので、ご紹介させていただきます。

音声コードUni-Voiceを活用した日本語、英語による情報提供により、スマホ用に無償提供している音声コードリーダーアプリ「Uni-Voice」を活用することで、視覚障害者や外国人に対する情報サービスに繋がることが期待されます。

※画像全体を見るには、縦横にスクロールしてください。
※記事提供元 水道産業新聞社

IMG_0481_2.JPG
[2018-04-05]
平成30年4月から、柏崎市(新潟)では市内に住む視覚障がいのある方や外国人などの生活支援を目的に、「水道検針のお知らせ」に音声コードUni-Voice(2次元コード)を貼付することにより、上下水道の使用量や料金等を日本語、英語による音声案内サービスを実施することになり、新潟県内の水道事業者として初めて開始されることが柏崎市長定例記者会見(平成30年4月4日)で発表になりました。

市長定例記者会見の内容については、コチラから>>