JAVISからのお知らせ

[2018-05-29]
オリックス生命保険株式会社が、2018年5月23日付ニュースリリースにて、高齢者や視覚障がい者に対する新たなサービスとして、郵送物の一部に「音声コードUni-Voice」を用いた音声案内サービスを導入することが発表されましたのでお知らせいたします。

今回のサービス導入の郵送物は「ご契約失効のお知らせ 兼 復活のおすすめ」となっておりますが、今後は封筒や保険料振込案内、控除証明書などへ順次拡大される予定になっており、情報格差のないサービスの実現を目指されておられます。
お客様一人ひとりの契約内容(個人情報)を音声案内サービスで提供する今回の試みは生命保険業界初となり、今後は同業他社への波及を含め、他業界での導入推進も期待されます。

ニュースリリースの内容は、コチラから>>